AGA治療で処方される治療薬について把握しておこう

ミノキシジルは発毛を促進するための薬

30代後半から40代にかけての男性に多く見られる薄毛の悩みミノキシジルは発毛を促進するための薬まずは信頼できるクリニックを探すことから始めましょう

まず最初にミノキシジルについてですが、ミノキシジルは発毛を促進するための薬のことです。
この成分には毛乳頭の細胞を刺激した上で、毛母細胞の増殖を促す作用が期待できます。
血行が改善されることが期待できるため、毛細血管から毛乳頭に栄養を行き渡らせることができるので、頭頂部や生え際などの発毛が期待できます。
ミノキシジルはもともとは血圧を下げるために出回ったものであり、その副作用として毛が生えてきたことが見つかりました。
これによりAGAの治療薬に応用されたものです。
内服薬と概要薬の二つの種類がありますが、近年ではタブレットも販売されています。
概要薬と比べるとタブレットの方が体内への吸収率も高いので、より高い発毛効果が期待できるでしょう。
数ヶ月間の服用を続けることにより効果は確かなものとなり、髪の毛が生えてきたという実感を持つことができます。
二つ目にフィナステリドと呼ばれるものですが、こちらは発毛を促進するというもよりも、抜け毛を抑える働きがあります。
商品名はプロペシアと呼ばれるもので、日本で初めてAGAの治療薬として認知されたものです。
様々な研究で高い効果が期待できるという裏付けが報告されました。
内服薬で治療が進めていきたいという人には一番の選択肢として使われるでしょう。
抜け毛の原因とされるジヒドロテストステロンと呼ばれるものは、男性ホルモンが変化して生まれるものですが、フィナステリドは男性ホルモンが変化するのを抑える働きを持ちます。
すべてのタイプのAGAに対し効果があると言われますが、効果が出るまでには時間がかかり、数ヶ月は必要です。
副作用として性欲の減退や射精障害などの生殖器系の副作用が見られたり、めまいなども報告されています。