AGA治療で処方される治療薬について把握しておこう

30代後半から40代にかけての男性に多く見られる薄毛の悩み

30代後半から40代にかけての男性に多く見られる薄毛の悩みミノキシジルは発毛を促進するための薬まずは信頼できるクリニックを探すことから始めましょう

30代後半から40代にかけての男性に多く見られる悩みとして薄毛の問題が挙げられます。
現在薄毛に悩んでいる人や、家族の遺伝などを鑑みて将来に向けて予防をしておきたいという人にとっては、AGA治療は一つの手段として挙げられます。
その中でもほぼ確実に結果を出すことができるのが、AGA治療で処方される治療薬を使用した対策と言えます。
しかし治療を受ける前には、薄毛は本当に治るのか、薬での治療は効果があるのか、副作用はないのかなどの不安を持つ人は非常に多いものです。
これらの不安は治療に踏み出す一歩を阻むハードルとも言えるでしょう。
AGA治療薬はほぼ確実に結果を出せるとも言われていますが、処方される治療薬の違いや効果、副作用などについてしっかりと把握しておくことが求められます。
そもそもAGA治療薬とはどのようなものなのかと言うと、男性型の脱毛症に対し使われる内服薬と外用剤のことを指しています。
内服薬として主に使われているものは、ミノキシジルとフィナステリド、デュタステリドの三つです。
塗り薬はミノキシジルとアデノシン、カルプロニウム塩化物などが挙げられます。
日本人に一番多い薄毛の症状として、頭頂部から薄くなっていく症状が挙げられますが、このタイプの場合には、内服薬の方が効果が期待できるという見解も見られます。
どのような症状にしても、AGA治療で処方されるものは、脱毛のタイプや性別、基礎疾患があるかどうかなどにより、使われるものを決定することになるでしょう。

ベストケンコーのAGA治療クリニック処方薬セット(3ケ月分)https://t.co/lmxtD0WzUa

— きっずえんじぇる安佐店 (@kidsohiroa) March 11, 2021

薄毛治療 : AGA治療薬のフィナステリドってどんな薬?